0
¥0

現在カート内に商品はございません。

色柄から選ぶ 江戸一 波あじろ

色柄から選ぶ 江戸一 波あじろ

網代とは、檜などの植物を、細く薄く加工した物を材料として縦横交互に編んだ物の総称で、 敷物のような平面的な物や、籠や笠のような立体的な物がそれにあたります。
網代文様は、桧垣文様や三崩し文様とも呼ばれ、檜垣は、古来より文様化され、 着物や調度品などの意匠に用いられ、すでに平安時代の装束にもみることができます。
また、江戸時代に上演された能の装束には、 この檜垣の文様があらわされています。
檜は、昔から高価なものとしても知られていて、 檜の板を張った舞台は檜舞台といわれています。
能楽や歌舞伎など、幕府公認の劇場だけだったようで、 その舞台に立つことは、俳優たちにとって一流として認められたということを 意味していました。
そこから、「檜舞台に立つ」という言葉がつくられたそうです。
当方の受け止め方で網代は、一流の証と意味する柄なのでしょう。

江戸一 波あじろ バリエーション

また以下商品は、アイテム内のバリエーションがある為、アイテムページからご注文ください。
※画像の柄は、別のものを使用しております。

色柄から選ぶ: 江戸一 波あじろ

¥1,595 ~ ¥8,360 税込
数量
  • 発送までの期間はこちらから
  • 送料はこちらからご確認ください

カートに追加しました。
カートへ進む
網代とは、檜などの植物を、細く薄く加工した物を材料として縦横交互に編んだ物の総称で、 敷物のような平面的な物や、籠や笠のような立体的な物がそれにあたります。
網代文様は、桧垣文様や三崩し文様とも呼ばれ、檜垣は、古来より文様化され、 着物や調度品などの意匠に用いられ、すでに平安時代の装束にもみることができます。
また、江戸時代に上演された能の装束には、 この檜垣の文様があらわされています。
檜は、昔から高価なものとしても知られていて、 檜の板を張った舞台は檜舞台といわれています。
能楽や歌舞伎など、幕府公認の劇場だけだったようで、 その舞台に立つことは、俳優たちにとって一流として認められたということを 意味していました。
そこから、「檜舞台に立つ」という言葉がつくられたそうです。
当方の受け止め方で網代は、一流の証と意味する柄なのでしょう。
波網代は、網代に波の曲線を加えた柄の様です。

CALENDER 営業日カレンダー
  • カレンダー上部「>>」をクリックすると
    月が変わります。
    当月までの予定が
    確定したものとなります。

  • 営業日・時間
    ※新型コロナウィルスの影響により
    当面の間、営業日を変更致します。
    日火水:11-19時
    定休日:月木金土・第3日曜日
    ※臨時休業有

ページトップへ