0
¥0

現在カート内に商品はございません。

色柄から選ぶ 縞柄 紺x灰x赤

色柄から選ぶ 縞柄 紺x灰x赤

古くは縞についての呼称がなく、平行の縞模様を筋や条、段、また縦横に交差するものを格子と呼んだが、16世紀以降、舶来品として縞地の織物が流行し、これを「島渡り」「島物」「奥島」等と呼んだところから、転じて複数の線から成る文様を「縞」と呼ぶようになった様です。
江戸時代初期には横縞が流行し、縦縞は遊女が小袖に使用する程度であったが、中期には、木綿の流通とともに国内でも縦縞の織物が盛んに生産され、庶民の服装へも大いに取り入れられ、「縞のお召し(縦縞模様のお召し縮緬の着物)」が粋の象徴とされるまでになったとの事。

縞柄 紺x灰x赤 バリエーション

以下、画像のあるものは、画像をクリックすると、詳細・ご注文ページへ移動します。
画像の無いものは、こちらのページにてご注文可能です。

また以下商品は、アイテム内のバリエーションがある為、アイテムページからご注文ください。
※画像の柄は、別のものを使用しております。

色柄から選ぶ: 縞柄 紺×灰×赤

¥2,200 ~ ¥8,580 税込
数量
  • 発送までの期間はこちらから
  • 送料はこちらからご確認ください

カートに追加しました。
カートへ進む
古くは縞についての呼称がなく、平行の縞模様を筋や条、段、また縦横に交差するものを格子と呼んだが、16世紀以降、舶来品として縞地の織物が流行し、これを「島渡り」「島物」「奥島」等と呼んだところから、転じて複数の線から成る文様を「縞」と呼ぶようになった様です。
江戸時代初期には横縞が流行し、縦縞は遊女が小袖に使用する程度であったが、中期には、木綿の流通とともに国内でも縦縞の織物が盛んに生産され、庶民の服装へも大いに取り入れられ、「縞のお召し(縦縞模様のお召し縮緬の着物)」が粋の象徴とされるまでになったとの事。

CALENDER 営業日カレンダー
  • カレンダー上部「>>」をクリックすると
    月が変わります。
    当月までの予定が
    確定したものとなります。

  • 営業日・時間
    ※新型コロナウィルスの影響により
    当面の間、営業日を変更致します。
    日火水:11-19時
    定休日:月木金土・第3日曜日
    ※臨時休業有

ページトップへ