0
¥0

現在カート内に商品はございません。

合才袋(大)江戸一 波あじろ

合才袋(大) 江戸一 波あじろ

和装小物の定番「合切袋」。合切袋は、一切合切 入れる袋物という意味から由来します。"切"の漢字を江戸言葉にちなんで"才"と代えております(才能を詰め込む)。
古来より文様化され、 着物や調度品などの意匠に用いられた柄「波あじろ」で仕立てました。
通常の袋物と違い、芯にスポンジ、側面にはパイピングを仕様して触り心地が良く、しっかりとした作りになっております。肩紐は、調節可能。口元は、ポイントにもなるボタンと紐で閉じる仕様になっております。内ポケット付きです。

波あじろ

網代柄とは

網代とは、檜などの植物を、細く薄く加工した物を材料として縦横交互に編んだ物の総称で、 敷物のような平面的な物や、籠や笠のような立体的な物がそれにあたります。
網代文様は、桧垣文様や三崩し文様とも呼ばれ、檜垣は、古来より文様化され、 着物や調度品などの意匠に用いられ、すでに平安時代の装束にもみることができます。
また、江戸時代に上演された能の装束には、 この檜垣の文様があらわされています。
檜は、昔から高価なものとしても知られていて、 檜の板を張った舞台は檜舞台といわれています。
能楽や歌舞伎など、幕府公認の劇場だけだったようで、 その舞台に立つことは、俳優たちにとって一流として認められたということを 意味していました。
そこから、「檜舞台に立つ」という言葉がつくられたそうです。
当方の受け止め方で網代は、一流の証と意味する柄なのでしょう。

詳細

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    何も入れなくても出せる
    このシルエット。

    かくいわ芝田 の真骨頂。粋にお持ち頂く為に、しっかりと形を出せる様、丁寧に製作しております。何も入れて無い状態でこの通り。

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    開口時

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    口元

    紐はアクリル
    コキは、耐久性を考慮しあえて樹脂製をあえて仕様してます。

    ※色は、柄、一点一点異なる場合がございます。

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    側面

    パイピングを仕様して
    綺麗なシルエットの形成と
    耐久性を維持します。

    ※色は、柄、一点一点異なる場合がございます。

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    留め具

    木製の留め具を仕様して紐を縛った際の引っかかりと
    デザイン性を兼ね備えてます。

    ※色は、柄、一点一点異なる場合がございます。

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    内ポケット

    パスマートフォンも入る
    サイズのポケットを備えてます。

    ※色は、柄、一点一点異なる場合がございます。

  • 合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    付属

    オリジナル化粧箱にいれて お届け致します。
    色柄は、前兆なく変更する場合がございます。予めご了承くださいませ。

  • ■サイズ
    およそ縦27×幅19×最大マチ5cm

    ■素材
    本体=表地/綿100%(プリント) 裏地/綿100%
    芯地/スポンジ 紐、パイピング=アクリル
    留め具=木製
    コキ=樹脂製
    金属製釘

    ■機能
    内装=携帯ポケット×1

    ■付属
    オリジナル化粧箱

    ※数値はすべて概寸です。

    合才袋(大)
一覧
    合才袋(大)  江戸一 波あじろ

    合才袋(大) 江戸一 波あじろ

    • 新商品
    ¥6,380 税込
    数量
    • 発送までの期間はこちらから
    • 送料はこちらからご確認ください
    お急ぎ便

    カートに追加しました。
    お買い物を続ける カートへ進む
    和装小物の定番「合切袋」。合切袋は、一切合切 入れる袋物という意味から由来します。”切”の漢字を江戸言葉にちなんで”才”と代えております(才能を詰め込む)。古来より文様化され、 着物や調度品などの意匠に用いられた柄「波あじろ」で仕立てました。通常の袋物と違い、芯にスポンジ、側面にはパイピングを仕様して触り心地が良く、しっかりとした作りになっております。

    CALENDER 営業日カレンダー
    • Calendar Loading
    • 営業日・時間
      月火木:10:30-19:00
      土日祝:13:00-19:00
      定休日:水金・第3土曜日
      ※臨時休業有
      ※黄緑は特別営業時間となります。TOPページのNewsをご確認ください。

    ページトップへ